見栄えや値段で気恥かしさを感じるのは馬鹿らしい!?腕時計に求める条件と問題点

時刻さえ正確に知る事が出来ればそれでOK!?

今はバブル期と違って腕時計のグレードだけで人柄や能力が判断される時代でもありませんから、もっと自由な考え方とポリシーで腕時計を選ぶべきでしょう。もちろん高級ブランド腕時計の素晴らしさに触れ、頑張って一度はそれを着用してみたいと夢を叶えるのも良いでしょうし、正確な時刻さえ知れればどんなタイプでも構わないと、比較的安価なモデルで済ませてしまうのも一つの考え片なのです。どちらが優れているかという問題では無く、自分がベストと思ったタイプの腕時計を値段やグレードに依らずチョイスするのが幸せですよね。

ビジネスとプライベートを分けるべきか?

特定のタイプの腕時計を好んで着用する際問題として浮かんでくるのは、おそらくその腕時計のタイプ(デザイン)にそぐわないシーンにまで無理して着用してゆくべきか?という事でしょう。例えばアウトドア用のごつい大型腕時計をビジネスシーンにまで持ち込めるか?という問題であり、基本的には着用する個人の裁量に任されるべきでしょうが、どう考えてもマッチせず無理、というシーンが出てきても仕方無いところです。その際、ビジネス用に地味目で落ち着いたデザインの腕時計を一つだけ購入しておき、TPOで使い分けるのがベストでしょう。もちろん自分の好きなジャンルでも無ければ無理してまで高級なモデルを選ぶ必要は無いのです。

そもそも腕時計無しで済ませる手は無いのか?

最低でも腕時計の着用が恥ずかしく無い最低限の準備となるビジネスシーンを除き、果たして常に腕時計の存在は必要なのかどうか、それさえも最近では結構大きな問題となってくるものです。というのも、現代にはスマートフォンや携帯電話等のモバイル端末が隆盛を極めており、それらの画面を見れば簡単に現在時刻を知る事が出来るからです。もちろん金属アレルギーで腕時計自体がダメ、という人だっていますよね。自分にとって腕時計そのもののニーズがあるのか、あるとしたらそれはどんな条件やシーンかを十分考え、損の無い買い物をしたいものです。

ブライトリングは、高品質の素材が用いられており、オーダーメードを希望することで、自由にデザインが選択できることがメリットです。