渋くてかっこいい大人になりたい?まず時計から始めよう!

かっこいい自分をつくりたい?

映画に出てくる俳優たちは、みんな渋くてかっこいいですよね、自分もあんなふうになりたい!・・・誰しも一度は思います。ではどうすればかっこよく、渋い男になれるのでしょう?まず身近で目立たないところから始めてみるのがいいでしょう。目立つ部分、例えば髪や服などはいきなり変えると周りの目線が気になっちゃいます。その点時計ならあんまり目立ちません、それどころかおしゃれなワンポイントとしてみんなの目線をちょびっとだけ集めてくれるでしょう。かっこいい時計、みんなも買ってみませんか?

どんな時計があるんだろう?どういう風に選べば良い?

時計の種類はまさに千差万別、仕事に使えるシックな物からアウトドアな人にお勧めの一品、はたまた天文学的なお値段の懐中時計まで・・・まずは今の自分の環境にあったものを探すといいでしょう。例えばあなたが気になっている女性が仕事場にいるとします、彼女に仕事のできる男として見られたいのならシルバーでまとめた渋い時計がいいかもしれません。彼女の趣味がアウトドア系統なら防水仕様の時計を話の種にしてみましょう。状況に合わせて使い分けられたなら彼女はもう貴方の魅力に嵌っているのかも?

クォーツ時計がいい?それとも歯車?

かつて世界を座巻したクォーツ時計、水晶を使うことで精密さと安さの両立が可能でした、一方で歯車時計はその長い歴史を背景にさまざまな技法が編み出されています。果たしてどちらがいいのでしょう?難しい質問ですね、どちらにも長所と短所が存在します。例えばクォーツの場合、どれだけ外見が変わろうとも中の構造は変わらないのです、それだけ安定している構造ということですね。確かにそれは利点ですが、歯車時計の複雑さほど男心をくすぐってくれません、特に中身を覗けるようになっている歯車時計の美しさといったら・・・ですが歯車時計にも弱点があります、それは精密さにかけるということ・・・つまり定期的に修理屋に持っていかなくてはいけないのです、まあそれがいいという方もいらっしゃいますね。大切なことはどんな時計でも愛情を持って使ってあげるということです。それがかっこいい自分、渋い大人になるための秘訣。財布と相談しながら自分だけの一品を見つけてみませんか?

シャネルの時計は、フォーマルな服装にぴったりと合うアイテムとして知られ、高級感のある落ち着いたデザインのものが多いことが特徴です。