こんなのあったの!?機械式腕時計の「3大コンプリケーション」とは一体何?

「永久カレンダー」は高級時計の目印!?

クォーツ時計が主流の現代においても、今でも人気の高い機械式時計。高級ブランドの時計になると数百万を越えるものも普通にあります。そんな機械式時計の価値を高くしているのが、「複雑機構」とか「コンプリケーション」と呼ばれる技術です。さまざまな技術が存在しますが、中でも有名なものを3つご紹介してみます。まず一つ目のコンプリケーションは、「永久カレンダー」。現在のクォーツ時計では当たり前のように備わっている機能ですが、機械式時計でこれを実現するにはとても複雑な高い技術が要求されていて、高級時計にしか搭載されていません。

複雑時計の頂点技術として君臨した「トゥールビヨン」

2つ目のコンプリケーションは、「トゥールビヨン」と言う技術です。「渦巻き」を意味するフランス語であるトゥールビヨンとは、機械式時計がどのような姿勢(傾き)になっても、姿勢差による時刻のずれを解消できるようにした装置のことをいいます。極めて硬度で繊細な技術を要求されるため、長い間最高級クラスの腕時計にしか搭載されないコンプリケーションとして知られていました。最近では加工技術などの進歩によって、低価格のトゥールビヨンを組み込んだ製品も登場しています。

現在でも難しい超高度な技術「ミニッツ・リピーター」

最後にご紹介するのは「ミニッツ・リピーター」。簡単に言うと現在の時刻を音で知らせる機構のことで、機械式時計でこの機構を実現するには内部に小さなハンマーを内蔵させた複雑なメカニズムを作らなければなりません。これは永久カレンダーやトゥールビヨンに比べてもさらに高度で複雑な技術が要求されるといわれています。現在でもこのミニッツ・リピーターは超高度な技術とされ、コレクターたちの垂涎の的となっています。いかがでしたでしょうか?機械式時計にはほかにもさまざまな複雑機構があり、世界で最も複雑な機械式腕時計には何と57種類ものコンプリケーションが組み込まれているそうです。

腕時計で文句なしの高級品を購入するならフランクミュラーです。世界的に知名度のあるブランドなので堅牢性も抜群です。